インターネットFAX

FAX受信できるコンビニ一覧と料金!全手順をわかりやすく解説

コンビニ FAX受信

仕事などでどうしてもFAXを受信しなくてはならないシーンも少なくありません。

その際は、コンビニでFAXを受信するのがおすすめです。

しかし、すべてのコンビニでFAXを受信できるわけではなく、FAXを受信できるのはローソンやファミリーマートなどといったクロネコFAX提携6社のみです。

コンビニ最大手のセブンイレブンでは、FAXを受信することはできませんので注意が必要です。

この記事では、FAX受信できるコンビニ一覧とサイズや料金、受信する手順をまとめています。

FAX受信できるコンビニは「クロネコFAX導入店」のみ

クロネコFAX以外でFAXを受信することはできません。

クロネコFAXとは、ヤマト運輸がコンビニと提携して展開しているFAXサービスです。

会員登録なしで24時間365日FAXの送受信を行うことが可能です。

クロネコFAXで出来ることは以下の通りです。

  • コンビニから自宅へFAXを送信
  • 自宅や会社からコンビニにFAXを送信
  • ​コンビニからコンビニにFAX送信

一般的にFAXを受信する際はFAX番号が必要となりますが、クロネコFAXの場合、「クロネコFAX専用番号」にFAXを送信することでFAXの受信ができます。

クロネコFAX以外のマルチコピー機では、FAX番号が存在しないためFAXの送信ができても受信ができないということがあります。

そのため、FAXを受信したいのであればクロネコFAX導入店を選ぶ必要があります。

FAX受信できるコンビニと受信料金一覧

クロネコFAXを導入しているコンビニは以下の表の通りです。

受信受信サイズ受信料金
ローソン受信可能A3以下(A3、A4、A5、B4、B5など)50円
ファミリーマート
ミニストップ
デイリーヤマザキ
ポプラ
コミュニティーストア

上記は記載のコンビニであればクロネコFAXと提携しているため、基本的に全国で導入されていますが、稀に導入していないコンビニ店舗も存在します。

セブンイレブンではFAX受信できないので注意

コンビニ最大手のセブンイレブンは、FAX受信できないため注意が必要です。

マルチコピー機はありますが、FAX受信することはできずFAX送信のみとなります。

セブンイレブン含めてFAX受信できない主要コンビニは以下の通りです。

  • セブンイレブン
  • セイコーマート
  • NewDays

基本的には前述のクロネコFAX導入店以外では、FAX導入店受信できないと考えておくのが良いでしょう。

コンビニでFAXを受信する手順(全コンビニ共通)

コンビニでFAX受信するためには10桁の数字(文書番号)が必要です。

そのため、10桁の文書番号を事前に送信者へ確認しておくことが大事です。

コンビニでFAX受信する手順は以下のとおりです。

コンビニでFAXを受信する流れ(全コンビニ共通)

  • マルチコピー機のタッチパネル「クロネコサービス」をタッチ
  • 「クロネコFAXから受け取る」にタッチしてコイン投入
  • タッチパネルで10桁の文書番号を入力
  • タッチパネルに受信枚数、受信料金が表示される
  • FAX受信開始

また、送信者は以下のクロネコFAX専用番号にFAXを送信しなくてはならないため注意しましょう。

注意ポイント

クロネコFAX専用番号:0570-05-1000
※IP電話からのFAX専用番号送信の場合は03-5633-5620

クロネコ専用番号へFAXを送信してから5分以内に送信したFAX機に10桁の数字(文書番号)が記載された「文書番号通知レポート」が届きます。

そのため、送信者から10桁の数字(文書番号)を教えてもらってから、コンビニでFAXの受信を行うのがスムーズです。

コンビニでFAX受信する前に知っておくべき3つの注意事項

コンビニでFAXを受信する前に以下の3つことを注意しなくてはなりません。

  • 文書番号は再発行されないので必ず控える
  • 送信日の翌日24時までに受け取る必要がある
  • 印刷は白黒で1度きり!再プリントはできないので注意

以下で具体的に解説していきます。

1.文書番号は再発行されないので必ず控える

FAX送信後に送られる10桁の数字(文書番号)再発行されないため取扱には注意が必要です。

コンビニでも調べることはできませんので、必ずメモを取るようにしましょう。

2.送信日の翌日24時までに受け取る必要がある

クロネコFAXで送信されたFAXは、送信日の翌日24時まで保存されます。

翌日の24時を過ぎてしまうと、自動削除されてFAXを受信できなくなってしまいます。

そのため、FAX送信後はなるべく早めにFAXを受信するようにしましょう。

3.印刷は白黒で1度きり!再プリントはできないので注意

クロネコFAXでのFAX受信でのプリントは白黒で1度だけです。

カラーでの印刷はできないので注意しましょう。

また、印刷は一度だけとなり、再度プリントを行うことはできません。

そのため、設定に誤りがないか等は注意深く確認することが大事です。

まとめ

FAXの使用頻度が少ない場合はコンビニでFAXを送受信するのが良いと言えます。

しかし、継続的な利用を前提とするのであればインターネットFAXを検討してみることをおすすめします。

インターネットFAX おすすめ 比較
参考愛用者が徹底比較!インターネットFAX人気おすすめランキング【2020年版】

インターネットFAXを利用したいけど、「どれを選べばよいの?」「インターネットFAXってそもそもどうなの?」と気になってる方も少なくありません。 インターネットFAXは便利なサービスですが、利用前に知 ...

続きを見る

-インターネットFAX

© 2022 ネットFAXのいろは|おすすめインターネットFAX比較ランキング